先輩の声

土木工学科で実際に学んでいる在学生の先輩方のメッセージを紹介します。

幅広い専門を扱う土木工学

永井 宏明さん 土木工学科3年次 
県立富岡高等学校(群馬県)出身


私は幼い頃から道路や橋などの土木構造物や、まちづくりに興味があり、将来は土木技術者として世の中の役に立ちたいと思い、土木工学科に進学しました。授業を受けてから外を歩くと、色々な所に土木技術が利用されているのを発見し、土木工学の大切さを実感しました。土木工学では様々な土木構造物の設計、管理を学び、内容がとても幅広く、就職先は豊富です。

東海大学には学部・学科に捉われずに履修できる科目もあり、自分に合ったスタイルで学習ができます。橋やダム、まちづくりなどに少しでも興味があれば、土木工学は絶対に楽しいので、皆さんも土木工学科で多くのことを学んでみませんか。

土木工学は生活に必要不可欠な存在 

関根 萌さん 土木工学科3年次
山脇学園高等学校(東京都)出身
 


私は高校生の頃、将来何をやりたいのか具体的に決まっていませんでした。そんな中、多くの人が絶対になくては生活できない“まち”について詳しく学べる土木工学科に興味を持ちました。大学のオープンキャンパスで土木工学科の研究を見て、土木工学は人々の生活に寄り添っていて幅広い学問だと知りました。身近な道路、橋、線路など普段の生活で必要不可欠なものの建設に私も携わりたいと思い、土木工学科を目指しました。大学入学後、専門的な内容を少しずつ学ぶようになり、大学受験がゴールではなくスタート地点に立つためのものだと改めて感じました。皆さんも目の前のやるべき事を一つひとつこなして充実した大学生活のスタートを切ってください! 

普段意識しないことにある土木工学の魅力を感じて 

久保 辰貴さん 土木工学科4年次
東京電機大学高等学校(東京都)出身
 

ある大学の水道の仕組みの模擬講義を受けて、日常生活で何気なく見ているものを専門的に学べるというところに魅力を感じたことをきっかけに、土木工学の道に進みました。私は、難聴があり、各授業で先生方にFM補聴器というマイクをつけていただいています。そうすると基本的に授業は聞き取れます。理解できなかった場合でも授業後に先生に聞くと優しく教えてくれます。友人にも恵まれ毎日充実しています。大学では、こちらが真摯に接していれば難聴であることを受け入れてくれます。もし何か障害を持って肩身の狭い思いをしている方がいれば、東海大学は学生や先生に優しい人が多いのでお勧めです。きっと充実した日々を送れると思います。 


在校生アンケート

ただいま製作中です。