教員紹介 

建築学科には、第一線で活躍する教授陣が数多く在籍し、実践的な指導を受けることができます。

渡部 憲   K.Watanabe   教授   博士(工学)

コンクリートの可能性

私たちにとって建物は、快適で安全な日常生活を送る上で必要不可欠です。この建物を安心・安全なものとして世の中に送り出すための重要な役割を、材料と施工が担っています。研究室では、コンクリートを中心としたさまざまな材料の力学特性や耐久性、施工技術に関する研究のほか、セメント系新材料(次世代コンクリート?!)の開発を行っています。

研究テーマ:コンクリート、材料、力学特性、耐久性、施工技術

専門分野:コンクリート工学

岩崎 克也   K.Iwasaki   教授   修士(工学)

建築から都市を、都市から建築を考える!

新しい建築理論の構築とそれを形あるものにするデザインの実践を行います。建築を単体で考えるのではなく、都市空間や自然環境との関係性から導き出すことができる強いコンセプトを大切にします。また、人が集まる空間や居心地の良いと感じる空間を分析し、

その魅力の根源を皆さんと一緒に探求することで、建築デザインにフィードバックしていきます。

研究テーマ:建築デザイン、アクティビティデザイン

専門分野:建築設計、建築意匠、キャンパス計画学

岩崎研究室HPへ
JIA登録建築家紹介

小沢 朝江   A.Ozawa   教授    博士(工学)

建築や都市の「現在」を「過去」から探る

私の研究は、日本建築史、特に住宅建築を中心にしています。研究活動の多くを占めるのが、歴史的建造物や町並み調査などのフィールドワーク。建築内部を彩る障壁画や装飾、家具も研究対象で、美術史や歴史学分野との共同研究にも参加しています。近年は、歴史的建造物の保存活用や、町並み・景観保全に関する仕事も多く、自治体やNPOと協力して活動しています。

研究テーマ:日本住宅史、表象文化史、歴史的建造物の保存

専門分野:日本建築史、近代建築史 

高橋 達   I.Takahashi   教授   博士(工学)

「自然で」気持ちの良い住まいをどうぞ

「エネルギーといえば電気」と考えがちですが、実は住宅のエネルギー需要の半分は熱です。写真のように暖房に木屑のエネルギーを、給湯にただで降ってくる太陽熱を活かせば、「自然力」で気もちいい住まいになります。もちろん得た熱を逃がしにくい断熱構造が前提です。私は、住宅・設備のプロに加えてNPOとも自然力を活かす住まいづくりの活動しています。

研究テーマ:パッシブシステム、再生エネルギー利用、バイオマス利用

専門分野:建築環境学 

諸岡 繁洋   S.Morooka   教授   博士(工学)

力の流れが見える?

建物を安全に建てるには力の流れを理解し、構造材料の特性を知らなければなりません。私は、建築構造力学・耐震工学・計算力学を基礎として、大空間に用いられる鋼構造・鉄筋コンクリート造を対象に研究を行っています。地震時の挙動や、その破壊性状を実験的・数値解析的に明らかにし、安全な建築物を設計するために設計式の提案を目標としています。

研究テーマ:構造解析、耐震・制震構造、シェル・空間構造、数値解析

専門分野:建築構造力学、連続体の力学

諸岡研究室HPへ

山川 智   S.Yamakawa   教授   博士(工学)

カーボンニュートラル時代の建築・都市を考える

地球温暖化を防止するため、日本を含む世界の主要国の多くは、2050年のカーボンニュートラルを目標に動き始めています。私は、建築・都市のカーボンニュートラルを目指し、省エネルギーや再生可能エネルギーの活用等の研究を進めています。例えば、都心の地域冷暖房での河川水の再生可能エネルギー熱の活用や、地方都市のカーボンニュートラル化を研究しています。

研究テーマ:空間設備、省エネルギー、再生可能エネルギー、カーボンニュートラル

専門分野:建築・都市環境設備計画学 

山崎 俊裕   T.Yamazaki   教授   博士(工学)

利用者の立場から建築規模・機能のあり方を考える

建築計画の研究は、利用者の立場から建物の使われ方の問題点・課題を把握し、建築規模・機能のあり方を考えることが目的となります。研究室では、学校・生涯学習施設、芸術文化施設、医療・福祉施設、庁舎などに関する調査研究のほか、建築計画の実践などを行っています。人口減少時代に入った現在、広域的な視点から公共施設の再編計画にかかわる研究にも着手しています。

研究テーマ:名種建物の使われ方研究、建築規模・機能のあり方、公共施設の再編計画

専門分野:建築計画学、環境心理・環境行動、公共施設の計画論 

山本 憲司   K.Yamamoto   教授   博士(工学)

丈夫な形を考える

地震、台風、豪雪になどによって構造物が大きな力を受けるとき、構造物の形はその挙動に大きな影響を与えます。大スパン構造や大型の貯槽タンクなど規模の大きな構造物ではその影響は特に重要です。私は数値解析や模型実験によって構造物の形態と剛性・耐力の関係を研究し、丈夫で安全な構造物の形態がどうあるべきか提案したいと考えています。

研究テーマ:構造解析、構造最適化、空間構造、スロッシング解析

専門分野:建築構造力学

山本研究室HPへ

渡邉 研司   K.Watanabe   教授   博士(工学)

設計と研究のバランス感覚を身に付けること

将来どのような建築の分野に進むにしても、常に建築というものを総合的に捉えることが大切だと考えています。そのきっかけの一つが、歴史的視点を持つことです。伝統や歴史に対する謙虚でかつ批判的な姿勢こそ、建築家に必要であることは、歴史が証明しています。私の研究室では、歴史的視点に立ち、研究力と設計力をバランスよく身に付けることを目指しています。

研究テーマ:近・現代建築史、建築思潮、DOCO MOMO、近代建築史学、質的建築学

専門分野:イギリス近代建築・文化史、建築設計(保存・再生)、設計・研究方法論

渡邉研究室HPへ

稲益 祐太   Y.Inamasu   准教授   博士(工学)

建築と都市、そして地域の時間と空間を読む

さまざまな建築が集合して、都市は形作られています。そして、都市は時間をかけて造られてきました。その長い時間の中で変わってきたこと、または変わらなかったことを探るのが都市史です。数百年前に建てられた建物が今でも使われ続けているイタリアの都市で現地調査を行い、それぞれの時代や社会のなかで造られた建築と都市、そして地域の姿について研究しています。

研究テーマ:都市の形成過程、南イタリア都市とテリトーリオ(地域)

専門分野:西洋都市史、西洋建築史

河内 一泰   K.Kochi   准教授   修士(芸術学)

豊かな建築の「かたち」を考える

建築は物理的な状況をつくるものであり、使われ方が変化しても廃墟になっても形が残ります。つまり、建築は平たく言えば「かたち」のデザインであり、その形はたくさんの理由からできています。機能、構造、環境、街、歴史といった専門的な側面だけではなく、日常の生活や風景から学び、豊かな建築の「かたち」とは何かを考え深めていきたいと考えています。

研究テーマ:建築デザイン、都市デザイン

専門分野:建築設計、都市設計

KOCHI ARCHITECT'S STUDIO HP

後藤 純   J.Goto   准教授   博士(工学)

コミュニティ・デザインを実践する

少子高齢化社会をはじめとして、環境問題、大震災への備えなど、都市が取り組むべき現代的なテーマは多様です。どのような都市地域空間をデザインするかは、私たちがどのような暮らしをしたいかを考えることから始まります。都市に限らず農山漁村も含めて、私たちの生活空間のあり方を、みんなで構想し、つくり、育て、維持管理していく計画技術について研究しています。

研究テーマ:Age-friendly City、郊外住宅地再生、被災地の立体的復興、地域包括ケア

専門分野:都市計画、まちづくり、ジェロントロジー(長寿社会学)

篠原 奈緒子   N.Shinohara   准教授   博士(工学)

居心地のよい光環境計画

ヒトの生体リズムは太陽光の影響を大きく受けていることから、ヒトと光は密接に関わっていることが分かります。光には自然光と人工光があり、それぞれ異なる特徴を持ちます。自然光と人工光について、それぞれを単独で用いる場合、また組み合わせて用いる場合に、建築空間内でヒトが居心地がよいと感じる光環境について研究しています。

研究テーマ:光・視環境

専門分野:建築環境工学

十亀 昭人   A.Sogame   准教授   博士(工学)

21世紀の建築家として未来を切り拓く

21世紀、宇宙は人類の新しい居住空間となります。人はこの環境でどのように生きていけるのか、そんな壮大なテーマの研究を行っています。現在、月面や火星の科学的な情報が日々更新されてきています。将来、宇宙を目指し、未知なる大航海が始まることでしょう。この時代に生きる建築家として何ができるのか、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

研究テーマ:宇宙建築、形態デザイン、展開、収納、CG

専門分野:宇宙建築学、建築計画

十亀研究室HPへ

竹下 秀   S.Takeshita   准教授   博士(工学)

光環境の最適化で安心・安全・持続可能な社会を実現

よい光環境は、人間の安心・安全・持続可能社会実現に寄与することができます。私は、屋内外の光環境の計測と評価に関する研究を実施しています。さらに光環境の評価の際には、光の波長、エネルギー、空間分布、時間変化を、国際的に比較・検証可能なスケールで測定・評価する必要があります。光計測器の評価および新しい光計測方法に関する研究も実施しています。

研究テーマ:光環境

専門分野:光環境影響評価、光放射計測工学

中野 淳太   J.Nakano   准教授   博士(工学)

人の適応能力を生かした建築環境をつくる

冷暖房を使うにはエネルギーが必要です。ですが、人はもともと行動的・生理的・心理的に環境に適応する能力を持っています。人が環境に適応しやすい状況をつくり、設備を補助的に利用することで省エネルギーが可能になります。半屋外空間での利用者の適応行動調査、心理アンケート調査、環境測定などから、省エネで快適になれる建築環境のつくりかたを提案しています。

研究テーマ:熱的快適性、環境評価

専門分野:建築環境工学

中野研究室HPへ

横井 健   K.Yokoi   准教授   博士(工学)

「性能」をキーワードとした材料・施工

性能の良いモノを造るには、当然労力がかかります。ところが、建築では、施工に十分な労力をかけず補修に多大な労力をかけるケースが後を絶ちません。「性能をどう評価するか」「どのような材料でどのように施工したらどの程度の性能のモノができるのか」をもっと勉強する必要があります。この難問に真正面からぶつかり、建築業界の底力を押し上げましょう!

研究テーマ:仕上げ材の性能評価、下地としてのコンクリート、性能志向型の現場施工

専門分野:建築材料・施工

野村 圭介   K.Nomura   講師   博士(工学)

新たな設計法を探索する

建物の安全性はさまざまな方法で評価されていますが、想定されていないデザイン、形状の建物には適用できないことがあります。私の研究目標は、デザインが新しい建物であっても安全に評価できる設計方法を提案することです。想定されていない場合を解析的、実験的に補完し、どのような評価が必要であるのかを模索していきたいと考えています。

研究テーマ:構造設計、構造解析、安全性の評価

専門分野:建築構造力学 

野口 直人   N.Noguchi   助教   修士(工学)

建築を含む環境の新たな価値を創造する

建築や都市などの空間デザインを専門としています。建築は単独で存在することはなく、環境を構成する一部です。単に対象となるものの造形にとどまらず、既存の環境を適切に評価し、本来持っている価値を増幅させるようなデザインが求められています。規模や用途にかかわらず、デザインを通して既成概念にとらわれない新しい価値観を創り出していきたいと考えています。

研究テーマ:建築デザイン、都市デザイン

専門分野:建築設計・都市設計

野口研究室 HPへ

田根 剛   T.Tane   客員教授   学士(芸術工学)

場所の記憶から建築を考える

建築には場所が必要です。しかし近代化やグローバル化は、都市や社会や経済を成長させ、発展することが未来だと信じられてきました。しかし、それは本当でしょうか?
やはり建築には場所が必要です。そのための場所を考古学的に研究し、場所の記憶を未来へと継承する建築を考えています。

研究テーマ:建築デザイン

専門分野:建築設計